TOLESとは  What TOLES
イメージ
TOLESとは光学分野の第一人者である 草川 徹 教授が1960年代の大型機や中型機の時代からその時代の最新の技術を取り入れ、今日まで常時進化させてきた光学設計ソフトです。そして今でも進化し続けています。

言語はfortranで書かれており、150000ステップ程有ります。

今、市場で使われているソフトは CODE-V が一番多いですが、CODE-V で複雑な設計は不可能であり、評価もきちんと出来ているとは言えません。

日本では、高度な光学設計が可能な会社は自社内で光学設計のソフト開発部を持っており、それにて光学設計を行っています。

何故ならそれが他社に対する最大の優位点になり、どんなに優秀な光学設計者も、優秀な光学設計ソフトが無ければ、他社に優位な設計は出来ません。

TOLESは本当の意味でのプロが光学設計する専用ソフトであり、市販で売っているソフトとは全く違う物です。

簡単な光学設計は誰が何を設計しても変わりありませんが、小さくて高性能な単焦点や、小さくても倍率の高いズームレンズの設計など、今までと全く違う光学設計が可能です。

また開発者である 草川 徹 先生に依頼する事により、新しい設計のオプションや、評価のオプションを足す事も可能です。

よってTOLESは、既成の設計ソフトとは違い、社内に光学設計ソフト開発部を作るのと同じ効果が得られます。

TOLES has taken the latest technology of the time since the days of mainframes and mid-size aircraft in the 1960s, a leading professor Toru Kusakawa optics, optical design software is constantly evolving to this day has been. And is still evolving.

The language is written in fortran, and 150 000 steps.

The software used in the CODE-V is the market is the most common, but complex in CODE-V design is impossible.

TOLES is dedicated to optical design software professionals.

TOLES So, the existing design software, unlike the same effect is achieved to make the optical design software development department within the company.

レンズデータ公開 click!

旭ブレインの最先端をゆく光学設計

旭ブレインの最先端をゆく光学設計

測定携帯電話用光学系